山梨県の山
HP03-465
羅漢寺山の展望と昇仙峡の紅葉
トレック日 2017年11月10日(金)晴れ
標 高
標高差
羅漢寺山(弥三郎岳) 標高 1,058 m
らかんじやま(やさぶろうたけ)
羅漢寺山:標高差:50m、累積標高差:120m

昇仙峡:累積標高差: 100m
場  所 山梨県甲府市
メンバー せんぼく隊2名
時  間
距  離
全行程:10時間
羅漢寺山:1時間30分(歩50分+休40分)
羅漢寺山沿面距離:1.6km
昇仙峡 : 1時間27分
昇仙峡沿面距離:
4.2km
山データ 山梨百名山  前回の昇仙峡は2014/10/24(342)
カメラ Sony a6000-101、TX30-136、PENTAX-K3(87枚)、計324枚 
P・WC 車(ノア)、P:ロープウェイP(無料)、WC:あり
地図・コース↓
《アクセス》
圏央道海老名IC〜中央道双葉スマートIC〜昇仙峡ライン

《全行程》
8:30茅ヶ崎発〜昇仙峡・長潭橋〜11:03昇仙峡ロープウェイP着〜11:14羅漢寺山13:13〜13:17昇仙峡14:44〜15:01昇仙峡ロープウェイP発〜16:50初狩PA夕食〜18:47帰宅
《トレックコース》
■昇仙峡1
10:40 長潭橋・天神森Pから一方通行路を車で紅葉観光
10:49 天鼓林の紅葉
11:03昇仙峡ロープウェイP着

■羅漢寺山
11:14 羅漢寺山ロープウェイP
11:20 ロープウェイ往路
---------------------
11:30 パノラマ台駅スタート
11:36 展望台
11:54 羅漢寺山(弥三郎岳)
12:16 下山(昼休22分)
12:31 パノラマ台駅
12:34 八雲神社
12:36 約束の丘
12:40 うぐいす谷
12:45 八雲神社前の食堂(休18分)
13:00 パノラマ台駅着
---------------------
13:00 ロープウェイ復路 13:10

■昇仙峡2
13:10 ロープウェイP発
13:33 仙娥滝
14:05 昇仙峡園地(夢の松島)
14:44 ロープウェイP

羅漢寺山

昇仙峡
記録写真 これより昇仙峡1 ※写真のカメラ名記入ナシはTX30

10:40 長潭橋・天神森Pから一方通行路を車で紅葉観光

 
10:49 昇仙峡・天鼓林の紅葉1 α6000
天鼓林の紅葉2

α6000
天鼓林の紅葉3

α6000
これより羅漢寺山

11:20 ロープウェイ往路、乗車時間5分

11:30 パノラマ台駅スタート

緩やかな尾根道から始まる
 

11:36 展望台
展望台にはベンチが多く、ここまでの観光客が多い。

ハシゴを登り、岩の上を歩く

山頂への難関。写真の女性は途中で断念。

11:54 羅漢寺山(弥三郎岳)、山頂
展望の良い大岩から数メートル登ると三角点があるので、ここが山頂だろう。観光客は下の大岩で引き返す人が多い。標識類は見当たらない。

三等三角点標石
基準点コード:TR35338449401
等級種別:
三等三角点
基準点名:羅漢寺山
北緯:35°44′50″.2155
東経
138°33′34″.7451
標高:1058.27m
山頂下の白い大岩を見下ろす。

α6000


展望は大岩の方が優れているので、大岩に下り昼食にした。

 寝ていると怖くないが、立つと怖い。大岩の先端に行くに従い勾配が強くなる。

 後方に薄く見えるのは、南アルプスの山なみだ。甲斐駒・仙丈ヶ岳・鳳凰三山・間ノ岳・農鳥岳などが確認できた。北岳は隠れているようだ。


α6000
金峰山を眺めながら、持参のおいなりさんを食べる。ほとんど登らずに、至福の山頂であった。

α6000
富士山は見えてはいるが、逆光と霞みでまともに写らない。

α6000

12:16 下山(昼休22分)

山頂から下る途中でも金峰山方向の展望がすばらしい! α6000

12:31 パノラマ台駅を通過し、八雲神社に向かう

12:34 八雲神社

12:36 約束の丘からの展望 α6000

12:40 うぐいす谷
怖いので谷底は写せない

12:45 八雲神社前の食堂(休18分)

食堂の熊(剥製)
きのこ汁¥300
オバチャンがオーダーごとに、キノコを裂き味噌を入れて煮る。なので時間がかかるが、ことのほかおいしい。

おでん¥500
味はセブンの倍。味がしみたコンニャクは絶品です。
リピーターがいるのもうなずける。

 地元テレビ局がお笑い芸人のカラテカ矢部と撮影していた。地元の人は放送日を聞いていたが、神奈川では見られないので、関係ない。
13:00 パノラマ台駅着
発車前に放送してくれるので、待ち時間ナシで滑り込み。

あまり体力を使わず、大展望を味わい、さらに「きのこ汁、おでん」も味わい、おいしい山であった。

ロープウェイ仙ガ滝駅の鯉
これより昇仙峡2

ロープウェイPに戻り、カメラをK3に変えて
13:10
昇仙峡へスタート

13:33 仙娥滝
 仙娥滝は薄暗く手持ちではシャッター速度を遅くできないので無理。三脚を持って来るべきだった。

 写真はカメラを手摺に置いて撮ったが、タテ構図ができないのが残念。

K3

K3

K3
K3

K3

K3
14:05
昇仙峡園地(夢の松島)
で覚円峰と紅葉を撮る。


TX30
CCDの小さいコンデジのTX30でも条件が良いと驚く絵が撮れる。
覚円峰と紅葉

K3
覚円峰と紅葉

K3
K3

覚円峰と紅葉  K3

K3
 出店で買った原木シイタケ・ブドウ・カキは、道中重いので、店に預けてあった。復路に受け取り副隊長はご機嫌だ。
※甘ガキ4個で¥100だった。帰ってから食べたら今年一番の甘さで、1個¥100のカキよりおいしかった。

14:44 ロープウェイPごーる
↓それから↓
16:50初狩PAで夕食
舞茸天ぷらソバと舞茸天丼

 先月、談合坂のフードコートで失敗したので、今回は初狩PAにしてみた。軽くソバを食べるつもりが、おいしそうな舞茸天丼にしてしまった。舞茸天ぷらは飽きてしまい、油が多いので完食しなかった。
後記
 昇仙峡は3年前、ほとんど紅葉していなくて残念だった。今回、ピークを若干過ぎた紅葉だったが、溜飲を下げることができた。
山良し、食べ物良し、紅葉良し、土産良しと出来過ぎの行楽でした。
 帰ってからカメラ(K3)を見たら、手振れ補正がOFFだった。α6000は羅漢寺山の山頂まで「夜景設定」していたことに気がつかなかったので、とんでもない写真が多かった。・・・カメラの設定って面倒だな。
車の走行279km 通行料3210×2=¥6420  計1.5諭吉
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system