HP03-437

関東ふあいの道
大磯・鷹取山

トレック日 2017年1月29日(日)晴れ
標  高
標高差
鷹取山(たかとりやま) 219m
標高差:約200m、累積標高差:210m

前回の城山はこちら
場  所 神奈川県市大磯町
メンバー せんぼく隊2名
時  間
距  離
全行程:4時間
山行 :
1時間30分(歩1:19分+休11分)
歩行距離:推定3.3km
データ ・北緯35度19分45・4677秒, 東経139度16分31.3252秒
三等三角点:鷹取山、218.65m
移動・P・WC 車(ノア)、P:東の池、WC:ナシ カメラ Sony TX30-49枚
地図・コース↓
《全行程》
14時頃自宅発〜15:00東の池P着〜15:00鷹取山トレッキング16:30〜17:58帰宅
《トレックコース》
15:00 東の池Pスタート
15:18 尾根分岐
15:30 鳥居、ベンチ
15:38 鷹取神社
15:43 山頂、三角点
15:46 鷹取神社(休11分)
15:57 下山
16:30 東の池Pゴール

往路:38分
山頂往復:8分
復路:33分
↓記録写真↓
 1月24日の大磯トレッキングで、城山公園〜六所神社〜神揃山と廻り最後に鷹取山と思っていたが、疲れすぎて日が暮れて鷹取山は行くことができなかった。

 鷹取山は2008年12月7日(150)に行ったことがある。西側から登るルートを探したが見つからず、北側からバイクで山頂まで行った。

 今回はその鷹取山を南側の「関東ふれあいの道」を登ることにした。

15:00 東の池Pスタート
地図を忘れてきたので、大通りから入る路地が解らない。「観音寺」の標識はあるが、鷹取山や鷹取神社の道標は見当たらないので悩んでいると地元のご老人が来たので教えてもらった。

「観音寺」の標識から入り、その先の十字路を左とのこと。





行ってみると十字路には「鷹取山」の道標があり、民家が無くなると道路は軽トラがやっとの急坂になる。

「関東ふれあいの道」標識がある。左右の竹林は密生し倒れ、残念な景観だった。

15:18 尾根分岐 「鷹取山」0.7kmの道標がある。尾根に突き当り、右に進む。左からの踏み跡もあるが道標はない。

細い山道は急登になり、急階段も現われた。これはツライ。耕作を止めたミカンの木も見られる。この急勾配ではさもありなん。

15:30 鳥居、ベンチ
鳥居があったので、山頂の神社かと思ったが、急階段はまだまだ続く。ガッカリした人が休憩するテーブル&ベンチがあった。

途中に1m角の社がある。
復路に鉄格子扉の中を覗いたら観音様だった。

15:38 鷹取神社
スダジイやタブノキに囲まれて鷹取神社がある。三角点のある山頂への案内は無いので、一般的にはここが鷹取山の山頂ということだろうか。
15:43 鷹取山 山頂
以前、三角点は確認したが、見ないことには山頂到達感が少ないので、確認に行った。
以前よりヤブが薄く歩きやすく、簡単に見つけられた。

三角点
《三角点》 2017/2/5国土地理院データ確認
基準点コード:TR35239729201
等級種別:
三等三角点
基準点名:
鷹取山
北緯:35°19′45″.4677
東経:139°16′31″.3252
標高(m):
218.65m
作業内容:標高改算
作業年月日:20140313

神社の由緒記には、標高218.98mとなっていたが、三角点のデータは218.65m。
2012年に確認した時は、確かに218.98mだったので、2014年の標高改算で33cm低くなっている。

カゴノキ
15:46 鷹取神社(休11分)
三角点から引き返し、初めての休憩。
周りの看板を見たら、神社の前にある斑点模様の大木が「カゴノキ」、神社の西にある大きな古株がタブノイキとのこと。樹種名は、なかなか覚えられないのが残念。

15:57 下山
16:30 東の池Pゴール
後記
 今年初めての登山?となった。ハイキング程度の軽い気持だったが、平地と違って登り下りとも膝への負担が大きかった。帰ってからは歩かなくても膝が痛い。これでまた膝養生が始まりそうだ。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system