HP03-417
これって山?シリーズC、金沢区の森
塗桶山&赤井山・金沢山&稲荷山
トレック日 2016年9月12日
山  名
標高差
能見堂三角点峰→HP03-416に追記
塗桶山&赤井山
金沢山&稲荷山
桂山 →HP03-415に追記
累積標高差:396m
場  所 神奈川県横浜市金沢区
メンバー 湘南らんぼう・単独
時  間
距  離
山行 :1時間27分
歩行距離:3.6km
全ルート 12:27茅ヶ崎発〜13:18能見堂三角点峰13:36〜13:48塗桶山&赤井山14:08〜14:23金沢山&稲荷山15:05〜金沢八景権現山下見〜16:12桂山16:19〜17:00帰宅
谷津浅間神社の森 塗桶山&赤井山
トレック日 2016年9月12日
山  名
標  高
標高差
塗桶山(ぬりおけやま)30m圏 (MyGPS=39m)
赤井山
(あかいやま)40m圏 (MyGPS=44m)
標高差:38m
累積標高差:61m
場  所 神奈川県横浜市金沢区
メンバー 湘南らんぼう・単独
時  間
距  離
山行 20分
歩行距離:
0.7km
移 動
P・WC
バイク(PCX125)
P:ナシ WC:
ナシ
地図・コース・記録写真↓

地図の下半分が塗桶山&赤井山
《ルート》
13:48 谷津浅間神社入口
13:52 塗桶山、谷津浅間神社
13:59 不明ピーク(MyGPS=46m)
14:00 赤井山
14:08 谷津浅間神社入口

13:48 谷津浅間神社入口
能見堂三角点を確認後、北側から谷津浅間神社を目指したが、ガス工事中で通行止め。金沢文庫駅から南に回っても通行止めで、結局北側に戻り、警備員に事情を話し、通してもらった。

13:52 塗桶山、谷津浅間神社 30m圏 (MyGPS=39m)
 神社に着き、境内を一周してみたが、フラットで山名標柱や標高の解る標石類も見当たらなかった。
 地面は凝灰岩らしき岩が露出しているので、山頂を切土した可能性もある。

 神社に向かって左手より下る道があり「裏参道」の標識がある。簡易手摺に沿って下る。


尾根は左に続いていて、手摺に沿って行くとそのまま下る。道標が無いので行き先不明。ここは左の尾根に進む。

13:59 不明ピーク(MyGPS=46m)
この山域の最高地点だが、境界石があるだけだった。

14:00 赤井山(推定場所) 40m圏 (MyGPS=44m)
 山道が三叉路になる所が、赤井山と思われる。山道から数m離れていて踏み跡は解らないが、山頂の境界石上部に笹で屋根を作った形跡がある。子供の遊びか?測量業者の休憩場所か?山頂標識や道標は皆無で、赤井山の確証はない。

  山道は先に続いている。尾根伝いに能見堂三角点峰に行けるかもしれないがヤブ漕ぎになるだろう。
称名寺市民の森 金沢山&稲荷山
トレック日 2016年9月12日
山  名
標  高
標高差
金沢山(きんたくさん) 76m(MyGPS=70m)
稲荷山(いなりやま) 53m(MyGPS=53m)
標高差:58m、累積標高差:92m
場  所 神奈川県横浜市金沢区
メンバー 湘南らんぼう・単独
時  間
距  離
山行 :42分
歩行距離:1.8km
移 動
P・WC
バイク(PCX125)
P:ナシ WC:称名寺境内にあり
地図・コース・記録写真↓

GPS軌跡

現地案内板「称名寺市民の森」(仁王門付近)
《ルート》
14:23 称名寺惣門
14:26 仁王門
14:38 金沢山・八角堂広場14:42
14:48 稲荷山・稲荷山休憩所14:50
14:52 北条実時御廟
14:59 称名寺金堂
15:05 称名寺惣門

14:23 称名寺惣門スタート

参道

14:26 仁王門

阿字ヶ池の反橋
池の西北角にハイキングコースの入口があり、ひたすら階段登りが始まる。

八角堂広場
石仏が並んだピークが山頂と思ったが、八角堂130mの道標が立っていた。T字路に当たり、右に進むと八角堂になる。

14:38 金沢山 76m14:42
 八角堂に着き、金沢山のピークはどこなのか歩き回ってみた。GPSは70m前後でほとんど平だった。唯一50cm位高いのが、八角堂と西側石祠の間だった。左の山頂写真は石祠の右側を狙って撮ったものだが、八角堂と石祠全体が山頂と言えるだろう。

 金沢山は称名寺の山号でもあるが、山として山頂標識類は見当たらない。称名寺境内にある「称名寺市民の森」看板に金沢山の文字が見えるだけだった。

14:48 稲荷山 53m
 八角堂から下ること300mで、「稲荷山休憩所」になる。ここが稲荷山のピークとは思えないが、稲荷山の一部であることは間違いない。

 休憩所から南方向のヤブの中にピークがあると思われるが、すぐ先なのか?数十m先なのか解らない。休憩所でGPS値は53mを示しているので、山頂と標高差は無いのかもしれない。と言うことで、無理してヤブ漕ぎしないで休憩所≒山頂と解釈した。
 

稲荷山山頂方向。踏み跡なし。

14:52 北条実時御廟

14:59 称名寺金堂

阿字ヶ池の反橋を渡って帰る
↓後 記↓
 称名寺を出て、金沢八景駅近くの権現山&御伊勢山へのルートを探した。北・南・西の数ヶ所を行って見たが、道標類は見つけられなかったので、今回はあきらめて帰宅。途中、桂山に寄った。桂山は地蔵山とも言われているのに、前回はお地蔵さんを見ていなかったので、帰りがけの駄賃にお地蔵さんを探して拝んだ。桂山HP03-415に追記
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system