山梨県の山
HP03-388
1回目下見、2回目撤退、3回目でやっと登れた
足和田山
トレック日 2016年4月20日(水)晴れ
標 高
標高差
足和田山 (あしわださん) 1355 m
三湖台(さんこだい) 1203 m
紅葉台
(こうようだい) 1165 m
標高差: 190 m、累積標高差: 355 m
場  所 山梨県富士河口湖町 yahoo地図
メンバー 湘南らんぼう・単独
時  間
距  離
全行程:10時間
山行 :2時間25分(歩1時間58分+休27分)
沿面距離:約6.8km
三角点
データ

山名 紅葉台 三湖台 不明 足和田山
等級 三等 四等 四等 二等
点名 物見所 紅葉台 鳴沢 檀ノ山
標高 1164.63m 1202.48m 1237.49m 1354.91m
移 動
P・WC
CRF250L
P:紅葉台 100台 無料
WC:紅葉台レストハウスにあり
地図・コース↓
《全行程》
10:18茅ヶ崎発〜12:08松田町川原で昼食12:36〜14:19紅葉台P着〜14:27足和田山トレッキング16:51〜
17:14紅葉台P発〜20:19帰宅
《トレックコース》
14:27 紅葉台スタート 1165m
14:35 三湖台 14:40
15:00 1238m峰
15:35 足和田山、山頂
16:02 下山
16:52 紅葉台ゴール

↓記録写真↓

 昨日も足和田山へ登るため紅葉台へ向かったが、林道悪路でスクーターのタイヤがパンクしてしまった。泣く泣くバイクを押して戻り、タイヤ屋さんで修理はできたが、トレッキングは時間がなくなり中止し、御殿場でダイヤモンド富士を撮って帰った。本日は性懲りも無く、足和田山へ再チャレンジのため紅葉台へバイクで行った。今度はオフロードバイクなので、悪路も快適に走ることが出来た。

紅葉台は広い駐車場があり、レストハウスの屋上が有料展望台(150円)になっている。3ヶ月前(2016.1.10)に見たので今回はパス。桜は満開を過ぎてはいるが、まだ花が残っていた。
14:27 紅葉台スタート 1165m
紅葉台の三角点は事前調査不測で未確認。
(写真はゴール後に撮ったものです)

参考:2016.1.10、紅葉台レストハウスより富士山の展望

参考:2016.1.10、紅葉台レストハウスよりパノラマ展望
(写真をポチッ)

14:34 山湖台分岐道標(右:足和田山)あり、
直進の山湖台に寄道

14:35 三湖台 14:40
広々とした台地は造成したような感じでフラット、雑草も生えていない。一番奥に木製の展望デッキがあり、パノラマ展望台になっている。

標柱に1202.56mと小数点以下2桁まで書いてあるので、三角点があるかと探したが見当たらない。後日、GPSデータと地図を確認すると、山湖台分岐道標付近にあったようだ。次の機会に確認しよう。

三湖台には富士山方向に形の良い松が二本あり、格好のオブジェになっている。

山湖台分岐道標まで戻り、足和田山へ向かう。登山道は尾根のピークを通り、林道は巻いているようだ。往路は東海自然歩道である登山道を進むことにした。

まだ若葉が出ていない木立の間から富士山が顔を出すと立ち止まって見る。何度みても飽きることは無い。時々、桜も咲いているので極上のトレッキングだ。

15:00 1238m峰
巻かないで尾根を通ったので、四等三角点:鳴沢を見つけることが出来た。道標はあるが、山名無し。

道標の後ろに四等三角点:鳴沢がある
標高:1237.49m

15:35 足和田山、山頂

山頂の標柱
標柱は「五湖台」が真ん中にあり、「足和田山」は西湖側に立っている。ベンチ1基と方位盤、そして展望やぐらがある。

三角点全景

二等三角点:檀ノ山(ダンノヤマ?) 1354.91m

足和田山山頂、展望やぐらからの富士山

林道
16:02 下山(休27)
復路は林道を下る。ピークを通らないのでラクチンだが、一部グチャグチャの所があった。

16:28 分岐(左:魔王神社)
名前がすごいので、道標の方向を覗いたが、踏み跡が不明瞭だった。

16:52 紅葉台ゴール
もう一度三湖台へ行って、夕焼け富士を撮ろうか悩んだが、日が沈む方向に雲があるので帰ることにした。
後記
今回、前日の撤退にも関わらず登ったのは、北側からの富士山の雪の模様が気に入ったからだ。1月に来た時は雪が多かったが、現在は消え始めて、ギザギザ具合が美しい。いつも見ている東からの富士山と違った顔をしている。
富士山の撮影に関しては、山頂だから特別に良いわけではなくどこからでも見えれば、すばらしい富士山が撮れる。
 トレッキングコースは東海自然歩道になっていて、良く整備されていた。悪路もなく快適な富士見トレッキングができた。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system