HP03-387

桜トレッキングはギリギリセーフ
景信山3〜城山(小仏城山)4

トレック日 2016年4月15日(金)晴れ
標  高 景信山(かげのぶやま)727m 神奈川百名山
城山小仏城山
(しろやま)670m 神奈川百名山
場  所 神奈川県相模原市(相模湖町)/八王子市
メンバー せんぼく隊2名
標高差 標高差:370m 、 累積標高差:538m
時  間
距  離
全行程:9時間
山行 :
4時間23分
    (歩2時間45分+休1時間38分)
歩行距離:約6.4km
三角点
データ
 山名  景信山 城山
 点名  景信山 小仏城
 等級  三等三角点 四等三角点
 標高  727.14 m 670.28m
移 動
P・WC
車(ノア)、P:路肩(自己責任)、小仏峠への林道終点に広場あり。WCは各山頂にあり。 前回
データ
景信山 :2009(175)/2007(067)
城 山 :2010(205) 2009(175) 2007(067)
地図・コース↓
《全行程》
9:46 茅ヶ崎発
10:50 景信山登山口付近の路肩着
11:00 トレッキンング 15:23
15:31 景信山登山口付近の路肩発
17:06 相模川芝桜
18:51 帰宅
《トレックコース》
11:00 景信山登山口付近よりスタート
11:02 景信山登山口
11:40 尾根分岐、左:景信山へ(右:小下沢)
11:55 景信山、山頂
12:35 同下山(昼食40分)
13:08 小仏峠
13:16 展望ベンチ
13:36 城山、山頂
14:34 同下山(休58分)
14:53 小仏峠
15:20 林道終点広場
15:23 景信山登山口付近ゴール
↓記録写真↓
 計画では、景信山〜城山〜一丁平〜高尾山を周回と思っていたが、まだ2〜3時間のコースで膝リハビリ中なので、行ける所までとする。

 以前は景信山へ行くつもりが、八王子城に着いてしまったことがあるので、ナビをセットして向かった。駐車場所を心配していたが、景信山登山口付近の路肩(3台分)が空いていたので停めた。結果として、路肩より、もう少し進んだ林道終点の駐車場に停めるべきであった。

11:00 景信山登山口付近よりスタート

11:02 景信山登山口
団体さんの後ろに付いてしまったので、ゆっくりになったが、出だしがオーバーペースにならずに済んだので良かった。
 尾根に出ると団体さんは休憩したので、前に出た。ここまでは鬱蒼とした森の中だったが、尾根は明るい美林だった。(左写真)

 以前はこのルートを下ってきたが、記憶がない。登り始めは、桜の花びらが登山道に散っていたが、標高が上がるとまだまだ咲いている。


11:40 尾根分岐、左:景信山へ(右:小下沢)
突き当たり分岐を左折し、もっと緩い尾根になり、桜も多くなって来た。

11:55 景信山、山頂。桜が出迎えてくれた。

景信茶屋
 丁度、お昼に到着。平日とあって数組しか見当たらない。桜は満開を少し過ぎているが、まだ見ごろで、ミツマタの花も咲いているが、色があせて終りのようだった。
 
 まずは、景信茶屋で目的の「なめこ汁」¥250×2杯を注文。

平日なので家族総出ではなく一人で切り盛りしていた。テーブルはたくさんあるが、なぜか前回と同じテーブルに座ってしまう。すぐ前には犬が2匹いて、座ったそばの犬のおねだり攻撃の甘い声が続いた。もう1匹は気がつかなかったほどおとなしい。

  景信茶屋の一段下にもたくさんのテーブルがあり、その中で南西の角が富士山の見える一等地だ。

景信小屋
景信茶屋の上には景信小屋がある。こちらも「なめこ汁」があるようだが、誰もいない。次回、営業していたらこちらでも食べてみたい。

景信小屋の西側にも富士山の展望場所があった。杉林の隙間なので、以外と気がつき難い。
景信山からの展望高尾山〜丹沢〜富士山

登山者が少ないと思っていたが、昼食後、三角点のある山頂へ行くと、登山者が多い。我々と違って自前の昼食をとる人のほうが多いということだろう。
 
景信山の三角点と標柱

12:35 景信山より下山(昼食40分)
食材搬送のキャタピラの跡がある登山道を下る。途中のヤマザクラ?がキレイ

13:08 小仏峠
タヌキは健在であったが、なぜタヌキなのか知りたい。
廃業?した小屋が朽ちて危険な状態だ。観光地のごとく登山者が多いこの山域で、いつまでも放置されているのは、如何なものだろうか?

13:16 展望ベンチより相模湖と富士山の展望

13:36 城山、山頂
景信山と同じく、キレイなトイレがgood!。桜は満開を過ぎてはいるが、最後のふんばりで楽しませてくれる。城山はお花畑と花桃がキレイだ。富士山の展望は遮る樹木も無く開けている。

城山山頂から一段下がった広場から富士山の展望

城山の三角点
《標柱移動の怪》
山頂の標柱位置が、6年前(2010年)の位置と違う。もう少し中央だったと思うが、今は隅っこに追いやられていた。近くにテーブルがあり、記念写真が撮りにくい。なぜ不便で目立たない位置に変わってしまったのだろうか?

14:34 城山下山(休58分)
当初の目的であった一丁平の桜も城山と同じ程度と思われるので、行っても帰りが辛いので中止。小仏峠まで引き返し、小仏バス停方向に下ることに決定。
14:53 小仏峠
小仏バス停へ下るルートは初めてだ。景信山・景信茶屋の運搬車が通るので狭い所はない。運搬車用に緩く登山道を作っているので、時々ショートカットがある。谷間なのでニリンソウが多く、二輪同時に咲いている花が多数あった。他の山域では片方が散っていたり、蕾だったりと二輪咲いているのは少ない。ハナイカリも咲いていたが写真失敗。

15:20 林道終点広場
広場は車10台は楽々停められそうだ。以前来たときに、この広場を下見したような気がするが、来た時は思い出せなかった。次回からこの広場に停めることにしよう。

15:23 景信山登山口付近ゴール

ニリンソウ
後記
 危ない所や急登もなく、膝リハビリには最適のハイキングコースだった。一丁平の桜を見て、高尾山から日影林道を下り、車に戻ることも少し考えていたが、膝・体力・時間ともに危ういので、エスケープルートで下った。この山域は色々なルートが楽しめるので良い。また、ナメコ汁は何度でも食べたい。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system