HP03-384
お花見
日本一の長さ
相模川芝ざくらまつり
トレック日 2016年4月9日(土)晴れ
場  所 神奈川県相模原市
メンバー せんぼく隊2名 前回 初めて
時  間
3時間30分位(花見1時間30分、2.5km)
カメラ Pentax K-3、Sony NEX-5R 、Canon S95
P・WC P:河川敷¥500、WC:仮設あり リンク 相模原市観光協会HP
↓記録写真↓

川原に誘導され、予期せぬ料金の徴収がある。¥500に驚いてUターンする人もいたが、面倒なので支払い入場した。「安全管理協力金」と書いてあり、実際、誘導員も配置されている。
屋台は観光客より多い。まずは、見ないようにして通過。

5/4、5大凧揚げの、タコの骨が置いてある。
ここまでなら自転車で来られるかも知れない。鎌倉より遠いがチャレンジしてみたい。

今年はあちこちの桜を見たが、天気に恵まれなかった。今日は、やっと背景が青になった。

「ノジマステラ愛好会が植栽管理しています」と書いたエリアがあった。ポスターを見ると、なでしこ2部リーグにノジマステラが参加しているようだ。まだ見たことはないが、今後は注目してみよう。

今日は、芝ざくらまつりで在日米陸軍軍楽隊がジャズ演奏を行っている。広い河川敷の中でポツンと演奏しているので、かわいそうだが、聞いている側はBGMのようで心地よい花見させてもらった。

桜が満開を過ぎ、風で舞う。河川敷を歩くと、畑があり、観光する側から見ればゴミのようなものが目立つ。河川敷内は民有地が入り組んでいる場合があるので、ややこしい問題だが、広くなった芝桜エリアが抱える問題だろう。

最北部の桜は、まだ残っていたが、もう少し時期が早ければ、もっと鮮やかだったのかも。。
↓おまけ↓

車での帰路、座架依橋をくぐり、海老名に入ると姿勢のよい桜があった。
後記
 芝桜は、H14年に渋田川から苗を貰い、失敗を重ねて育ててきたそうだ。努力の甲斐があり、本家の渋田川を遥かに凌ぐ規模になっているが、その労力は相当のものだろう。ありがとうございました。
 今回の「花よりダンゴ」は、ヤキソバ、イチゴ、デコポン、ピーナッツ、タケノコだった。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system