HP03-378

湘南平の未踏ルートを探訪
代官山楊谷寺横穴群羽白山

トレック日 2016年3月29日(火)晴れ
標  高
標高差
代官山 101.7m(山頂未確認)
羽白山(坂田山)111.2m ※今回より羽白山とします
紅葉山
 138.5m?

標高差:91m 、 累積標高差:253m
場  所 神奈川県中郡大磯町
メンバー 湘南らんぼう・単独
時  間
距  離
全行程:4時間20分
山行 :1時間34分
歩行距離:約3.2km
データ これまでの湘南平関係の記録
湘南平・高麗山往復:HP03-062 2007年1月26日
湘南平:HP03-289 2013年1月4日
善兵衛池コース:HP03-323 2014年1月4日
坂田山コース:HP03-324 2014年1月11日

湘南平の朝日:HP09 2015年3月28日
湘南平から高麗山:HP03-356 2015年7月19日
赤坂コース&善兵衛池コース:HP03-377 2016年3月27
移 動
P・WC
バイク(CRF250L)
P:ナシ。(最寄は高麗山公園P)
WC:コース上にナシ
地図・コース↓
《トレックコース》 青のコース
11:21 代官山探索 11:35

12:02 E・楊谷寺横穴群コース登山口
12:08 楊谷寺横穴群
12:16 B1分岐
12:23 大磯園こいずみの池
12:53 住宅地から登山道に入る
13:00 B2分岐
13:06 羽白山(坂田山)
13:15 紅葉山
13:26 B1分岐
13:36 E・楊谷寺横穴群コース登山口

※赤のコースは3/27です
リンク:平塚市ハイキングコースマップ
↓記録写真↓

11:21 代官山の山頂探索開始
住宅地を登りつめた所にバイクを置いて、GPSを確認しながら山頂へ向かった。

道路と民有地の境界に、「海」の標柱
コンクリート製で、三角点ではなさそう。???
道路では一番高い場所と思われる。

「海」の標柱がある部分で、民有地を見ると、四阿(あづまや)があり道路より1〜2m高い。周囲を見渡してもそこ以上の高い場所は無さそうだ。地山ならば山頂の可能性大だが、民有地なので推測の域を出ない。

次は代官山からD赤坂コースへのルートを探す。ハイキングコースマップと照らし合わせると、軽4輪が通れそうな登山道があった。しかし、入口はゴミ、登山道は雑草が茂り、20m位で撤退した。なぜ廃道状態なのか?
*****************************************************************************
 代官山とルート探しは、何一つ解明できずに終了。バイクで次の目的地である「楊谷寺横穴群」へ向かった。住宅地の舗装道路を登ると行止りが登山道入口になっている。車の駐車スペースなし。

12:02 E・楊谷寺横穴群コース登山口よりスタート
平塚市ハイキングコースマップではEコースになっている。登山道の出だしはフラットで歩きやすい。3〜4分で絞り水のある沢を通過。

登山口

12:08 楊谷寺横穴群(楊谷寺谷戸横穴群)
説明板の内容は大磯町HP「楊谷寺横穴墓」を参照

古代人の歴史と言っても、墓なので気持ちが良いものではない。祟ってケガでもすると大変なので、早々に退散。

12:16 B1分岐
F・坂田山コースの尾根に出ると分岐になっている。湘南平から坂田山は以前下ったので、今回は直進してみる。直進の道標は無いので、どこに行くのか楽しみだ。
分岐から2分位下ると右側が竹林になり「立入禁止・大磯園こいずみ」の警告があった。

更に下ると左に稲荷あり。鬱蒼とした山林に鮮烈な赤い鳥居と幟の列、苔むした参道が異次元空間に迷い込んだかのようだった。奥に進むと社の手前に洞窟があり、そこにも鳥居があった。稲荷から戻り、少し下ると右手に大きな建物と池が見えた。と言うことはあれが大磯園こいずみ?窓は全閉でお休みだろうか?

池の南側にはあづまや風の庇があり、池を眺める窓のようになっていた。ベンチがあるので、勝手に使わせていただき、軽く昼食。
後日、NETで池の名前は「小淘綾ノ池」と言うことがわかったが、大磯園こいずみについては不明。

大磯園こいずみから数分下ると住宅地になる。これからどのルートで出発地点に戻ろうか?左手の羽白山を巻いて行くか?登るか?思案しながら下る。羽白山に向かって登り道があるので行ってみたが住宅で行止り。戻って、再び住宅地を登ると、今度は舗装道路の終点から登山道らしき道があった。

B2分岐
 登ってみるとこれがドンピシャ。見覚えのある、羽白山の北側十字路に出た。ほとんど山頂というのに住宅や生活道路がある。
大磯町観光案内板が新しくな、っていた。以前は坂田山と書いてあった気がするが、新案内板には羽白山と表記されている。

《 山名について 》
坂田山の山名由来については、HP03-324 2014年1月11日の山行記録にも書きましたが、心中事件の報道で勝手に付けられた名前です。現在の案内板が羽白山(はじろやま)になっているので、当HPも羽白山にしました。大磯町HPにおかれましては山名由来を記して頂きたいものです。羽白山以外に
端城山・八郎山の書き方も見受けられる。関連は如何に?。

羽白山(坂田山)の山頂?
山頂の標識類は皆無。前回は林の中も探索したが、収穫がなかったので、今回は眺めただけで引き返し、紅葉山へ向かった。巻き道は通らず、階段を数えながら直登した。途中で話しかけられて危うかったが155段だった。(右写真)

13:15 紅葉山
ここも羽白山と同様に山頂標識が無いので、山頂を特定出来ていない。前回見かけた、大磯町基準点119が見当たらなかった。廃止、撤去?
13:26 B1分岐
ここからは、往路の楊谷寺横穴群コースを戻る

13:36 E・楊谷寺横穴群コース登山口

1時間34分の周回トレッキング終了。
後記
 無計画に、道標のないコースを試したが、大磯園を経由し、羽白山に登って戻ることが出来たのはラッキーだった。
これで、湘南平の未踏コースのほとんどは北側となる。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system