HP03-377

湘南平・代官山ルート攻略失敗
赤坂コース&善兵衛池コース

トレック日 2016年3月27日(日)晴れ
標  高
標高差
不明峰 145m
代官山 101.7m
はルートに入れなかったため未確認
標高差:151m
累積標高差:195m
場  所 神奈川県大磯町/平塚市
メンバー せんぼく隊2名
時  間
距  離
全行程:4時間30分
山行 :1時間50分
歩行距離:約4.2km
データ これまでの湘南平関係の記録
湘南平・高麗山往復:HP03-062 2007年1月26日
湘南平:HP03-289 2013年1月4日
善兵衛池コース:HP03-323 2014年1月4日
坂田山コース:HP03-324 2014年1月11日

湘南平の朝日:HP09 2015年3月28日
湘南平から高麗山:HP03-356 2015年7月19日
移 動
P・WC
車:ノア
P:高麗山公園駐車場(無料)100台
WC:
駐車場、湘南平レストハウス
地図・コース↓
《トレックコース》赤のコース
14:29 高麗山公園駐車場スタート
14:32 万田道標(C、Dコース入口)
14:37 万田分岐
14:42 不明峰145m
14:45 代官山分岐探索
15:09 赤坂第2公園
15:27 白岩神社
15:57 善兵衛池
16:19 高麗山公園駐車場ゴール


※青のコースは3/29
リンク:平塚市ハイキングコースマップ

標高グラフ
↓記録写真↓

14:29 高麗山公園駐車場スタート
湘南平と反対方向(西)に向かうと「万田」とだけ書いてある道標の所から登山道に入る。赤坂や代官山の案内はナシ。登山道は踏み跡が薄く、イノシシの掘った跡が多い。途中で鷹取山に行くと言う登山者が越して行き、このルートで人に合うことはないと言っていた。我々もバリエーションルートマニアになってしまったのだろうか?。

14:42 不明峰 145m
道標、標識類なし。代官山へ下る踏み跡も見当たらないので、手前にあった分岐まで引き返す。

14:45 分岐まで引き返し、まだ通っていない左の道に行ってみた。しかし、10数mで踏み跡が解らなくなってしまった。ヤブコギで下るには危険なので撤退することにした。

再度、不明峰のルートに戻り、赤坂第2公園を目指した。途中、大島桜か山桜か解らないがキレイだった。この葉を塩漬けし、クマリンを生成させれば、おいしいそう。

15:09 赤坂第2公園
これより高級?住宅地の舗装道路になる。うねった急坂を直線で下る階段でグングン下る。

途中、白岩神社に立ち寄る。(右写真)
15:57 善兵衛池
2014年に通り説明を見たので、今回は副隊長にガイドしてあげた。池を俯瞰すると以外と小さい。
池の先から、右の登山道に入り、ひたすら登ると、約20分で湘南平下に着いた。桜はまだ3分咲き位。

16:19
高麗山公園駐車場ゴール
↓勉強コーナー↓
《 桜餅の葉、その香りの正体はクマリン
 桜餅は、桜で有名な隅田川の辺にある長命寺の寺男によって作り出された。江戸時代の隅田川の辺にはヤマザクラが植えられていて、その葉が桜餅に利用されていた。現在は、オオシマザクラの葉が大きいこと、「クマリン」という芳香物質がヤマザクラの葉よりも多ことでオオシマザクラの葉が使われている。
「クマリン」は桜の葉、シナモン、トンカマメ、パセリ、ニンジン、モモなどに含まれている。
生きている桜の葉は香りがしないが、塩漬けするとクマリンが生成し、芳香を発するようになる。食品添加物としては認められていないが、Amazonなどで桜葉や桜葉パウダーが食品素材として売っています。クマリンには肝毒性があるため、過剰摂取には注意した方が良いといわれていますが、柑橘類の皮にあるオーラプテンというクマリン化合物にはガンの発生を抑える効果があると考えられています。
後記
 拾った桜の葉を漬けている。まだ数日だが、強烈なクマリン臭がする。葉はまだ緑色なので、道明寺の葉のような茶色になるまで漬けておこうと思う。
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system