HP03-209
一足早く南足柄で花見、ついでに大野山三角点探訪
春めき桜森のひなまつり
ホームに戻る
前へ 次へ
トレック日 2010年3月13日(土)晴・強風
1.春木径・幸せ道の春めき桜(富士フィルム前)
 富士フィルム辻下グラウンドP無料。WC仮設あり、スーパーマーケットも可。周回+αで2.3km。
2.丸太の森「森のひなまつり
 無料Pあり、Pより徒歩5分。WCはPと郷土資料館にあり。

3.
怒田丘陵の春めき桜(アサヒビール近く)
 Pなし(付近農道?)、WCなし。往復約1.2km。
場  所 神奈川県南足柄市
メンバー 夫婦
時  間
距  離
全行程:8時間
観光 2時間45分
歩行距離:約
2.3+1.2km
地図↓
中央下が怒田丘陵

春木径、辻下グランドは前回の地図参照

2008年3月22日(HP03-122)


↓記録写真↓ カメラ:pentax K100-D
春木径・幸せ道の春めき桜
 二度目の春めき桜は若干早かったようだ。もっとも前回は3/22だったので、9日も早い割には7〜9分咲きなので満足。今年も3/20〜22の連休が見頃になるだろう。
 
 前回行なわれていた「まつりのイベント」は3/20だけとのことで、フリマ少々と模擬店があった。



 曇天、強風のなか一周した。今日は新しい軽登山靴のテスト歩行でもある。

 ↓北方向には矢倉岳がポコンと飛び出している。雲が無ければ矢倉岳の左に富士山が見えるのだが・・・・残念。






 春木みちの会場で丸太の森「森のひなまつりの案内をもらったので、開催している南足柄市郷土資料館に立ち寄った。
 素朴なつるし雛と、絢爛豪華な宮殿付雛飾り。どちらもすばらしい。

¥300/1人。
怒田丘陵の春めき桜
 ひなまつりの後はまた春めき桜だ。アサヒビール工場近くの丘陵地土手に植樹されている。
 土手や斜面を利用するアイデアも素晴らしいが、さくらまつりイベントに協力する地元の方々もスバラシイ!。



 ここにも模擬店があり、フカフカのミカンを100円で買った。水分がなくなり、甘くも無くスッパくもない、こんなミカンも好きだ。

↓どうしてもJAの建物が入ってしまう。これを意図して桜を植えたのならスゴイ陰謀だ!。



↓参考↓
《春めき》
春めきは平成12年3月下旬に品種登録された桜です。品種登録前の俗称は『足柄桜』と地元では呼ばれていました。

《春木径・幸せ道》
富士フイルム神奈川工場の東側、狩川堤防の両岸にある春木径・幸せ道(一周約1.5km)沿いで、171本の早咲きの春めき桜並木が、富士山をバックに咲き誇ります。また、堤防の土手は菜の花の絨毯になります。

《怒田丘陵 春めき》
 怒田丘陵の斜面、約3,000平方mの斜面に120本の春めきが植栽されています。この桜は、神奈川県内外にお住まいの方に参加を募り桜の里親制度により育てられています。
それから
謎の三角点探訪完結編  大 野 山
トレック日 2010年3月13日(土)晴・強風
標  高
標高差
大野山 723.08m
標高差:m
累積標高差:m
場  所 神奈川県山北
時  間
距  離
山行 :33分
歩行距離:約1.2km
三角点
データ
山名
コード
点名
等級
緯度
経度
標高
大野山
TR35339005401 
大野山 
三等三角点 
35°23′09 (09.5108) 
139°02′55(55.3791)
723.08 m
P・WC P:山頂下、通行止めゲートの左右にあり(無料)
WC:P、山頂にあり

カメラ:panasonic DMC-TZ5
 今回も登山ではなく三角点探訪に絞って、山頂下のPまで車で行った。桜が咲いたら大賑わいだろうが、今日は伐採工事の車だけでPはガラガラだった。伐採してスッキリした遊歩道を歩いて山頂へ。

←丹沢湖を見下ろす。右奥の大室山は先週の雪が残っている。


 数分で山頂に着くと夫婦?ハイカーが登ってきた。三角点の場所を尋ねたが知らなかった。やっぱり謎の三角点だ。
前回同様、山頂より西に少し進んでから番線をくぐりヤブに突入した。
 前回はGPSを持っていたにも関わらず、探索失敗だった。今回は未探索の南方向へとヤブを掻き分けて進んでみた。前回よりノバラが少なく簡単にGPSポイントに到達した。あたりを見回すと樹木に丸い標識がありその下に三角点があった。いとも簡単に見つかり拍子抜けした。


 帰りは南側の竹薮に向かってみたが、突破できそうに無く、足元がぬかるんでいたので引き返し、東側の山頂トイレ方向に進んだ。踏み跡があるような無いような感じ。バラ線をくぐり山頂に戻った。
 結果、トイレ西側の柵(バラ線で進入拒否しているが)からのルート?が解かり易いようだった。

三角点付近全景

三等三角点:大野山
ホームに戻る
前へ 次へ
inserted by FC2 system